「第3期十勝定住自立圏共生ビジョン(原案)」に関するパブリックコメントの実施について

帯広市は、平成23年に十勝管内18町村と協定を締結し、「十勝定住自立圏」を形成しました。これは、管内19市町村が連携し、様々な取組みを進めることにより、十勝のさらなる発展と魅力の向上を図るとともに、安全で安心して暮らせる社会を築き、子どもからお年寄りまで、誰もが住みたい、住み続けたいと思える地域をつくることを目指すものです。
「第3期十勝定住自立圏共生ビジョン」は、これまでの取り組みを踏まえ、圏域の将来像や今後の具体的な取り組みを定めるものです。
帯広市では、この「第3期十勝定住自立圏共生ビジョン」の策定にあたり、十勝にお住いの皆様の意見を広く反映させるため、パブリックコメント(住民意見の提出制度)を実施しますので、ご意見、ご提言をお寄せください。

■意見をいただく名称

第3期十勝定住自立圏共生ビジョン(原案)

■資料の閲覧・配布場所

帯広市ホームページから資料を閲覧・入手できます。

・資料の閲覧・配布場所は次のとおりです。
管内19市町村の閲覧・配布場所(118KB)

(注)町内の閲覧・配布場所は、士幌町役場総務企画課企画グループです。

■意見の募集期間

令和元年12月2日(月)から令和2年1月6日(月)

(注)電子メールおよびファクスの場合は、令和2年1月6日(月曜日)午後5時30分まで

(注)郵送の場合は、令和2年1月6日(月曜日)必着

(注)士幌町役場総務企画課企画グループに持参する場合は、午前8時30分から午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)。

■意見などの提出方法

(1)電子メール、ファクス、郵送、持参でお寄せください。(電話による意見の提出はできません。)

(2)「意見等の提出書」に案件名、住所、氏名(法人その他の団体の場合は、名称および代表者名)を記載の上、提出してください。

■問合せ先

帯広市政策推進部政策室(帯広市役所5階)
ファックス番号:0155-23-0151
メールアドレス:policy@city.obihiro.hokkaido.jp

■その他

(1)意見提出用紙の大きさや枚数は問いませんが、意見が長文になる場合や、膨大な資料を提出する場合は、併せてその要旨を提出してください。

(2)募集締切後、意見を取りまとめ、提出意見およびその意見に対する市の考え方を公表します。なお、提出時に記載された住所、氏名については、公表しません。