【条例改正】多数の者が集合する催しを開催する場合は消防署にお知らせしてください

 施行日 平成26年8月1日

改正に至る背景と目的
消防法施行令の一部を改正する政令(平成25年政令368号)が公布されたことに伴い、北十勝消防事務組合火災予防条例の一部が改正されました。
今回の改正は、平成25年8月15日、京都府福知山市由良川河川敷にて、ガソリン携行缶からガソリンが噴出し、火災が起きたことにより、多数の死傷者が発生したことを踏まえ、祭礼、縁日、花火大会などの多数の者が集合する催しにおける火災予防対策の充実を図るためのものです。

この改正により、多数の者の集合する催しにおいては、次の3項目が義務化されました。

  1. 対象火気器具等(※1)を使用する場合に消火器の準備が義務化
  2. 対象火気器具等を使用する露店等を開設する場合は消防署への届出が必要
  3. 対象火気器具等を使用する屋外での大規模な催しにおいては、防火担当者を定め、事前に火災予防上必要な業務の計画を作成して消防署に届出
 ※1 対象火気器具等とは?
液体・固体・気体燃料を使用する器具や電気を熱源とする器具のこと
例):液体(ガソリン、灯油等)、固体(炭、薪等)、気体(プロパンガス等)を使用するコンロ、発電機、ストーブ等をいいます。

 

1.消火器の準備

火災が発生した場合は迅速な初期消火が重要なので、消火器を準備しましょう!

14946

2.露店等を開設する場合は消防署へ届出

対象火気器具等を使用する露店等を開設する場合は事前に消防署へ届出しましょう!

omatsuri_yatai

第26号様式(露店等の開設届出書)

3.火災予防上必要な業務の計画を作成し提出

多数の者が集合する「屋外」での催しのうち、対象火気器具等を使用する大規模な催し(「指定催し」※2)として消防長が指定した催しの主催者は、事前に防火担当者を定めて、火災予防上必要な業務に関する計画を作成し、消防長に提出しましょう!また、大規模な催し(指定催し)の指定をした場合は公示することとなりました。

k227-19

 ※2 大規模な催し(指定催し)とは?
(1) 大規模な催しが開催可能な公園、河川敷、道路その他の場所を会場として開催するもので、一日当たりの人出予想が10万人以上である屋外催しであること。
(2) 露店等が50店以上出店する屋外催しであること。
(3) (1)及び(2)の両方を満たす屋外催しを対象とする。

大規模な催し(指定催し)においては次のことが必要になります。
(1) 防火担当者を定める。
(2) 防火担当者に火災予防上必要な業務に関する計画(※3)を作成させる。
(3) 防火担当者に火災予防上必要な業務に関する計画に基づく業務を行わせる。
(4) 火災予防上必要な業務に関する計画書を催しを開催する日の14日前までに消防長に提出すること。
※計画を提出しなかった場合には罰則(30万円以下の罰金)が適用されます。

 ※3 火災予防上必要な業務に関する計画内容
(1) 防火担当者その他火災予防に関する業務の実施体制の確保に関すること。
(2) 対象火気器具等の使用及び危険物の取扱いの把握に関すること。
(3) 対象火気器具等を使用し、又は危険物を取り扱う露店等及び客席の火災予防上安全な配置に関すること。
(4) 対象火気器具等に対する消火準備に関すること。
(5) 火災が発生した場合における消火活動、通報連絡及び避難誘導に関すること。
(6) 上記に掲げるもののほか、火災予防上必要な業務に関すること。
※なお、この条例は平成26年8月1日に施行予定ですが、施行日から起算して14日を経過する日までに終了する催しについては、改正後の規定は適用しないものとします。
 問い合わせ
北十勝消防事務組合士幌消防署
担当:予防係
〒080-1200 河東郡士幌町字士幌西2線161番地
TEL:01564-5-2323 FAX:01564-5-2319
Email:yobou@shihoro.jp