〒080-1211
北海道河東郡士幌町字士幌西1線172番地

園について

士幌町認定こども園なかよしの沿革

  • 士幌町では、士幌保育所と士幌幼稚園の互いの良さを生かして保育内容の向上を図るために両施設を一元化し、より良い保育と教育を行おうとの 考えから、平成17年5月「子育て支援検討庁内プロジェクト」を立ち上げ検討を始めました。
  • 当初は、平成19年度から幼保一元化を実施する予定でしたが、「就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律 (就学前保育等推進法)」の施行に伴う北海道の条例化が平成18年10月になったことにより、平成20年4月より実施することに変更しました。 この間、保育所と幼稚園の保護者や町民に対する説明会を開催し、保護者も含めて施設や保育内容等の検討を行いました。
  • 平成19年7月から20年2月まで両施設を一体化するための増築や改修、駐車場整備や園庭等の外構工事を行いました。
  • 平成19年度に保育内容や教材・教具等について保育所と幼稚園の職員による打合せや幼稚園教育要領や保育所保育指針についての研修会を 開催し、一元化による教育・保育の準備を進めました。
  • 平成20年4月、幼保一元化による【士幌町認定こども園『なかよし』】が開園しました。

士幌町認定こども園なかよしの保育目標

士幌町認定こども園の保育目標は、北海道の教育目標並びに 士幌町町民憲章の精神を体して作成された士幌町教育目標を受けて制定しました。

shihoro_mokuhyo

幼児をよりよい環境の中で活動させて心身の健全な発進を促し、豊かな情操と思考力を養い、 望ましい未来を作り出す力の基礎を培うことを貝標とし、次の4つの目標を設定しました。

  • 元気な子(にこにこ)
    • 健康で明るく元気に生活(遊び)ができる子になってほしい。
  • 表現する子(はきはき)
    • 想像力を働かせて遊び、伸び伸びと自分を表出できる子になってほしい。
  • 仲良く遊ぶ子(どんどん)
    • 一人遊びから、だんだんと友達と一緒に遊ぶ楽しさを知り、力を合わせて遊ぶ子になってほしい。
  • 思いやる子 (しんしん)
    • 園生活中で人との関わり方を知っていき、友達と遊ぶルールを身につけたり、友達と共感できる子になってほしい。
    • 進んで身近な人とかかわり、愛情や信頼感をもつ。
    • 社会生活における望ましい習慣や態度を身につける。

士幌町認定こども園なかよしの保育内容

こども園では教育の達成をするために、次の5つの領域をふまえながら園生活のなかで幼児が自ら興味・関心をもって周囲の人や物・自然や 社会事象などの環境に対して主体的、意欲的に関わることのできるような環境を構成し、遊びを通して総合的な指導を行います。

  1. 心身の健康に関すること(健康)
    (1)明るく伸び伸びと行動し、充実感を味わう。
    (2)自分の体を十分に動かし、進んで運動しようとする。
    (3)健康、安全な生活に必要な習慣や態度を身につける。
  2. 人との関わりに関すること(人間関係)
    (1)園生活を楽しみ、自分の力で行動することの充実感を味わう。
    (2)進んで身近な人とかかわり、愛情や信頼感をもつ。
    (3)社会生活における望ましい習慣や態度を身につける。
  3. 身近な環境に関すること(環境)
    (1)身近な環境に親しみ、自然と触れ合う中で様々な事象に興味や関心をもつ。
    (2)身近な環境に自分からかかわり、発見を楽しんだり、考えたりし、それを生活に取り入れようとする。
    (3)身近な事象を見たり、考えたり、扱ったりする中で、物の性質や数量、文字などに対する感覚を豊かにする。
  4. 言葉の穫得に関すること(言葉)
    (1)自分の気持ちを言葉で表現する楽しさを味わう。
    (2)人の言葉や話などをよく聞き、自分の経験したことや考えたことを話し、伝え合う喜びを味わう。
    (3)日常生活に必要な言葉が分かるようになるとともに、絵本や物語などに親しみ、先生や友達と心を通わせる。
  5. 感性と表現に関すること(表現)
    (1)いろいろなものの美しさなどに対する豊かな感性をもつ。
    (2)感じたことや考えたことを自分なりに表現して楽しむ。
    (3)生活の中でイメージを豊かにし、様々な表現を楽しむ。