天ぷら油火災実験【動画】

天ぷら油の火災に注意しよう!

 

天ぷら油火災について(動画あり)

 天ぷら油火災の多くは、天ぷらを揚げているときに電話がかかったり、来客の対応をするため、台所を離れていたときなど、ちょっとした油断が原因で発生しています。家庭で使用する油量程度の天ぷら油を家庭用ガスこんろで加熱すると、約5分で揚げ物に適した温度(約180度)に達し、そのまま放置すると約10分で白煙が立ち始め、約20~30分で発火します。

 あなたの心がけ一つがもっとも効果的な予防方法なのです

       

天ぷら油火災動画
天ぷら油火災実験動画はココをクリック

 

 正しい消火方法

  1. 消火器で消火します。この場合、消火器の薬剤を直接ナベやフライパンに放射すると中の油が飛び散るので、やや離れた所から放射するか、壁などにあてて勢いを弱めてからナベの中心へ移動させて消火します。
  2. コンロの火を止め、ナベを覆うことができる大きさのふたをして空気をさえぎり、消火します。消火後すぐにふたを開けると再び燃え上がる恐れがあるので、油の温度が十分に下がるまでふたを開けないようにします。
  3. 濡れたシーツや大きめのタオルを使ってゆっくりナベ全体を覆い、空気をさえぎって消火します。この時、炎でやけどをしたり、あわててナベをひっくり返したりしないように注意します。