認定農業者制度

認定農業者制度は経営改善に取り組む意欲のある農業者が、5年後を目標に規模拡大や経営管理の合理化など、自らが作成した「農業経営改善計画」を町が関係機関と協議し認定する制度です。

認定農業者のメリットとして、計画を達成するための農地取得や施設、機械の投資に伴う低利のスーパーL資金などの融資や農業者年金保険料の政策支援などがあります。

認定期間は5年間ですが、期間の終了を迎えられる方は計画の達成状況の点検と併せて、再度認定を受けられることをお勧めします。

+認定農業者制度に関するお問い合わせは、産業振興課産業振興グループ(5‐5220)まで