妊産婦・乳幼児 保健事業

母子手帳の交付・妊産婦健康相談・妊婦健康診査費助成

妊娠された女性に母子手帳を交付しています。妊娠中のお母さんと出産後お子さんの母子保健事業の記録や予防接種の証明を記入する手帳となっています。早めに届け出をして、交付を受けてください。
母子手帳の交付の際に、妊婦健康診査の費用の助成券券を発行致します。これは、妊婦一般健康診査14回分と、超音波検査6回分の基本的な健診料を助成するものです。

  • 相談日時 : 毎週月曜日 9:00~11:30
  • 場所 : 総合福祉センター

平成28年1月1日からマイナンバー制度の施行に伴い、個人番号(マイナンバー)の記載と、それに伴う身元の確認が必要になりました。(詳細は下記を参照)

  • 持ち物 : 印鑑、個人番号カード ※個人番号カードをお持ちでない場合は下記のものが必要です。
  1. マイナンバーの確認  ①通知カード または ②個人番号の表示がある住民票
  2. 本人確認  ①1点で良いもの【運転免許証又はパスポート等の顔つきの公的な証明書】                                  または ②2点必要なもの【健康保険証、年金手帳等】

  <代理人(妊婦本人以外)による届出> 

  • 持ち物 : 印鑑、依頼者(妊婦)の個人番号カード又はその写し※個人番号カード又はその写しをお持ちでない場合は、下記のものが必要です。
  1. 依頼者(妊婦)のマイナンバー確認  ①依頼者(妊婦)の通知カード又はその写し または ②依頼者(妊婦)の個人番号の表示がある住民票又はその写し
  2. 代理人の本人確認  ①1点で良いもの【個人番号カード、運転免許証又はパスポート等の顔写真付きの公的な証明書】 または ②2点必要なもの【健康保険証、年金手帳等】
  3. 代理権の確認   ・委任状(下記からダウンロード可能です)

委任状

不育症治療費助成

少子化対策の推進を図るため、不育症の治療及び検査を行っている夫婦の治療費等に要する費用の一部を助成いたします。対象となる方は、北海道不育症治療費助成実施要綱(以下「道要綱」)で定められた対象者に準じており、助成交付申請日の同年1月1日現在に士幌町内に住民登録されているご夫婦です。

  • 助成金の額等:道要綱に基づく対象となる検査・治療及び期間に要した費用に対して1回につき10万円まで助成します。ただし、道の不育症治療費助成事業にて決定した額を実際の費用から引いた額が10万円を満たない場合はその額となります。
  •  申請:治療が終了し、道の特定不妊治療費助成事業に基づく助成の交付決定後3箇月以内に総合福祉センター内保健福祉課健康介護グループ健康推進担当に助成申請をしてください。申請時、印鑑、助成金振込口座、添付書類(①北海道不育症治療費助成事業受診等証明書の写し ②北海道不育症治療費助成事業申請書の写し ③指令文の写し)を持参ください。
  • 相談につきましてはプライバシーの保護のため、保健師が訪問または電話にて受付けております。(電話5-2108)
  • 不育症申請書

特定不妊治療費助成

次世代育成支援の一環として、不妊治療を行ってる方の経済負担の軽減を図るため治療の費用の一部を助成いたします。対象となる方は、特定不妊治療法でなければ妊娠の見込みがないか、または極めて少ないと医師に診断され、実際に治療を受けている方で、道の特定不妊治療費助成事業に準じています。平成28年4月より、「男性不妊治療」についても助成を受けられるようになりました。

  • 採卵を伴う治療は、1回につき10万円(ただし、道実施要綱第5に定めるC及びFの治療については5万円)までを限度として助成します。ただし、道の特定不妊治療費助成事業にて決定した額を実際の費用から引いた額が10万円(治療内容により5万円)を満たない場合はその額となります。助成回数等は、初めて助成を受けた際の治療の初日における妻の年齢が40歳未満であるときは6回まで、40歳以上43歳未満の方は通算3回までとなります。男性不妊治療は、1回につき10万円まで、実際の費用から道の助成額を差し引いた額が町助成金額に満たない場合はその額となります。(ただし、凍結した肺を解凍して胚移植を実施する治療の時はのぞきます。)
  • 申請は治療が終了し、道の特定不妊治療費助成事業に基づく助成の交付決定後1ヶ月以内に総合福祉センター内保健福祉課健康介護グループ健康推進担当に助成申請をしてください。
  • 相談につきましてはプライバシーの保護のため、保健師が訪問または電話にて受付けております。(電話5-2108)

パパママ教室

妊娠・出産・育児の学習と参加者交流を行っています。
対象者には個別にご案内しています。

  • 対象者:妊娠中のご夫婦
  • 内  容:
    ① 保健師による講話 (赤ちゃんの特徴と育児について、出産準備等について )
    栄養士による講話 (妊娠期の栄養について)
    ② 助産師による講話 (分娩経過と呼吸法、母乳育児について、父親の妊娠疑似体験)

妊産婦安心出産支援費助成

分娩可能な産科医療機関までの距離が遠いためにかかる妊産婦の負担を軽減するため、妊婦健診、出産、産後1か月健診に要する経費の一部を助成します。

  • 対象 : 士幌町に住所を有する妊婦および産後1か月の産婦で、士幌町から十勝管内の医療機関に通って妊婦健診および産後1か月健診を受けた者(※里帰りで町外から医療機関に通った者は対象外)
  • 内容 : 妊婦健診(14回分を上限)、出産(1回)、産後1か月健診(1回)の通院にかかる経費1回953円、一人最大16回分を助成します。
  • 申請場所 : 総合福祉センター
  • 持ち物 : 母子手帳の妊婦健診、出産状況、産後健診の受診記録の写し、印鑑、銀行の口座番号

産婦及び1ヶ月児の1ヶ月健診費用助成

産婦と1ヶ月児の1ヶ月健診にかかる費用を一部助成します。

  • 持ち物  : 受診先の領収書、母子手帳、印鑑、銀行の口座番号
  • 申請場所 : 総合福祉センター
  • 内容 : 産婦と1ヶ月児の1ヶ月健診にかかる費用(保険適用外)のうち上限6,000円を償還払い

新生児聴覚検査費助成

新生児聴覚検査にかかる費用を一部助成します。

  • 持ち物 : 母子手帳、新生児聴覚スクリーニング結果票、印鑑、銀行口座番号
  • 申請場所 : 総合福祉センター
  • 内容 : 新生児聴覚検査にかかる費用上限3,000円を償還払い
  • 注意 : 助成は平成29年4月1日以降に実施した検査より助成いたします。検査受診後1年以内に申請手続きを行ってください。

乳幼児家庭訪問

赤ちゃんが産まれた全家庭を対象に、お母さんの産後の体調確認や育児状況の確認などを目的に訪問します。
訪問する日時などは、こちらからご連絡します。

訪問内容
赤ちゃんの体重測定、授乳、発育・発達などの育児相談、お母さんの体や産後の生活などの相談、母子保健サービスのご案内など

赤ちゃん相談

1歳未満の赤ちゃんの計測や保健指導、栄養指導を行います。
予約制ですので、ご希望の方は事前にお電話でご連絡ください。

  • 日 程:
    4月5日(金)、5月10日(金)、6月7日(金)、7月12日(金)、8月2日(金)、9月6日(金)、10月4日(金)、11月1日(金)、12月2日(月)、1月14日(火)、2月7日(金)、3月6日(金)
  • 時 間:9:00~11:30
  • 場 所:町民保健センター
  • 電 話:5-2108

乳児健診

身体計測、小児科医師の診察、問診と合わせて保健指導をや栄養指導などを行います。
10カ月のお子さんを対象にブックスタート事業も実施しています。
対象者の方には個別にご案内しています。

  • 対    象:4カ月児、10カ月児
  • 日    程:4月18日(木)、6月20日(木)、8月20日(火)※日程表では8月15日でご案内していましたが日程が変更になっています、10月17日(木)、12月19日(木)、2月20日(木)
  • 受付時間:13:15~13:45
  • 場    所:町民保健センター

幼児健診

身体計測、小児科医師の診察、歯科診察、保健指導、栄養指導とことばや発達の相談も行います。
対象の方には個別にご案内しています。

  • 対   象:1歳6カ月児、3歳児
  • 日   程:5月16日(木)、7月18日(木)、9月19日(木)、11月21日(木)、1月16日(木)、3月19日(木)
  • 受付時間:13:15~13:45
  • 場     所:町民保健センター

もぐもぐ教室

離乳食初期の教室です。
身体計測と管理栄養士による講話と離乳食の試食、個別の保健指導、栄養指導を行います。

  • 対 象:5~6カ月児
  • 日 程:
    4月9日(火)、6月11日(火)、8月23日(金)、10月8日(火)、12月17日(火)、2月18日(火)
  • 受付時間:10:00~10:10
  • 場 所:町民保健センター

むし歯予防教室

歯科衛生士によるむし歯予防の講話と、個別指導、初回のフッ素塗布を行います。
また、当日は2回目以降のフッ素塗布の受診カードを配布し、助成内容についてご案内致します。

  • 対 象:1歳6カ月健診を受診した、1歳7カ月~1歳8カ月児
  • 日 程:
    4月3日(水)、6月5日(水)、8月7日(水)、10月2日(水)、12月18日(水)、2月5日(水)
  • 受付時間:10:00~10:10
  • 場 所:町民保健センター
  • 料 金:フッ素塗布料 無料

フッ素塗布歯科健診

2回目以降のフッ素塗布は町内3カ所の歯科医院で塗布できます。
6カ月ごとに3回分の助成となります。

  • 対 象:2歳~4歳未満
  • 料 金:300円(2,500円かかりますが、町で2,200円助成致します。)
  • 内 容:歯科医師による歯科検診、フッ素塗布
  • 指定歯科医院:
    神山歯科医院    ~士幌町大通(電話:5-2,145)
    むらはし歯科医院  ~士幌町本通(電話:5-4439)
    しほろ歯科クリニック ~士幌町互譲(電話:5-5355・予約制)

2歳児教室

2歳児(幼児期)の成長発達の基本となる生活リズムやしつけについて、管理栄養士と発達支援センター相談員の講話と、個別指導(相談)を行います。

  • 対 象:2歳児
  • 日 程:
    5月9日(木)、7月11日(木)、9月12日(木)、11月14日(木)、1月9日(木)、3月12日(木)
  • 受付時間:10:00~10:10
  • 場 所:町民保健センター

頑張りママもほっと一息(子育て中の母親を対象とする運動教室)

子育て中のママを対象に年4回運動教室を実施しています。対象者の方には母子保健事業において案内しております。

幼児の生活改善事業

幼児の保護者にアンケートを配布し、生活状況の実態から、各保育所の4歳以上を対象に保健師、管理栄養士が講話を実施しています。

フッ化物洗口事業

むし歯予防事業として町内認定こども園、保育所(園)で、4歳児・5歳児を対象にフッ化物による洗口事業を行っています。