自主防災組織を作りましょう!

▼自主防災組織とは
自主防災組織とは、一人ひとりが、「自分たちの命や地域は自分たちで守ろう」という地域の自衛意識に基づいた防災活動を行う組織です。
町内会などの地域活動の組織を生かして結成されるのが一般的です。

 

▼自主防災組織の必要性
台風や大雪等、予期せぬ様々な災害が発生するようになり、大きな災害が発生した場合、公共機関の支援等では対応しきれない部分も出てきます。
日常生活はもとより、こうした非常事態に備えるためにも、身近な地域の人々と普段から連携し、有事の際に助け合うことで最悪の事態を免れることが可能となります。

 

▼自主防災組織の役割
〇平常時の活動
1.災害に備えた備蓄品等の整備
2.地域の危険個所等、防災環境の把握
3.防災訓練の実施
4.防災研修会への参加、広報紙の発行

〇災害時の活動
1.情報収集伝達(地域の被害情報の収集、役場や病院等各種機関との連携)
2.初期消火活動
3.避難誘導活動(地域住民の安否確認、避難誘導、災害時要配慮者への援助等)
4.給食給水活動(食料や飲料等の救援物資の避難場所への運搬等)

 

▼自主防災組織を作るには
自主防災組織を結成するにあたり、事前に町内会等、組織を構成する集まりにおいて話し合い、住民の合意を得るなど、地域の人々との合意形成を図っておくことが望ましいです。
また、結成にあたり規約等の書類を作成していただきます。
以下の参考例をご活用ください。

自主防災組織規約(例)

◎結成(変更)届出書

書類の作成については、できる限りバックアップさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

また、要支援者については保健福祉課にて把握しておりますので、組織結成の際はそうした情報もご活用ください。

◆詳細は地域福祉をご覧ください
※地域福祉に関するお問い合わせは、保健福祉課福祉保険グループ(5-2006)まで

 

その他ご不明な点などございましたら、士幌町役場総務企画課総務グループ防災担当までご連絡願います。(TEL:01564-5-5211 FAX:01564-5-4304)