【!注意!】農村地区への光ファイバ整備に係る悪質な勧誘電話・訪問にご注意ください

 現在、町で検討している「農村地区への光ファイバ整備」に伴い、「光ブロードバンドサービス仮加入申込書」の提出をお願いしておりますが、町やNTT東日本から『契約手続き』に関して個別に連絡することはありません。

町内において、農村地域への光ファイバ整備に関係があるような通信事業者を名乗り、『〇月までに契約すると今より安くなる』など『契約手続き』を行うような勧誘電話が発生しています。

仮加入申込書はあくまで事前の意思確認及び整備路線を決定するために行っているためのものであり、仮加入申込書提出によって正式な契約が必要になることは一切ありませんので、ご注意ください。

正式な契約については、町内の光ファイバ網の整備が全て完了後(令和4年4月頃)に、NTT東日本から手続きのご案内があります。

〇勧誘電話があった場合の対処方法

電話のやりとりだけでも契約が成立することがあります。「今より安くなる」、「契約をせかされる」、「勧誘が強引」などと感じたら以下の点に注意してください。

  • すぐ契約しない。
  • あいまいな返事をせず、不要な勧誘はきっぱりと断る。
  • 会社名などの相手の情報を確認する。
  • 勧誘員の言うままにパソコンを操作しない。
  • 家族や公的機関などに相談する。

契約してしまい解約したい場合、初期契約解除制度(クーリング・オフに似た制度)などにより、契約直後の一定期間であれば解約が可能です。事業者にすぐに確認してください。

〇参考

総務省HP:光回線サービスの電話勧誘に関する注意啓発について(新しいウインドウが開きます)