令和2年10月1日から予防接種の間隔が変わります

令和2年10月1日から、異なる種類の予防接種の接種間隔が改正されます。注射生ワクチンから注射生ワクチンは27日以上の間隔をあけて接種し、それ以外の異なるワクチンの接種間隔については制限がなくなりました。ロタワクチンやヒブ、B型肝炎、小児用肺炎球菌など、同じ種類のワクチンを複数回接種する場合は、これまで通りそれぞれのワクチンに定められた接種間隔を守る必要があります。下記の図を参考にしてください。

予防接種の間隔が変わります