個人情報保護制度とは

町が行政を推進することを目的として収集、保管、利用を行う皆さんの個人情報に関して、ある一定の規定を設けて、個人の権利、利益の侵害を防止するするとともに、自己の情報に関して開示、訂正などを求めることを目的とした制度です。
※参考  士幌町個人情報保護条例 ・ 消費者庁個人情報保護ページ ・ 士幌町個人情報保護条例の内容

1 個人情報

個人に関する情報で、特定の個人が識別または識別される可能性がある、文書、図画、写真、磁気ディスクなどに記録されたもののことです。

2 個人情報保護制度を実施する機関

町長 ・ 教育委員会 ・ 選挙管理委員会 ・ 公平委員会 ・ 監査委員 ・  農業委員会 ・  固定資産評価審査委員会 ・ 議会

3 開示請求できる人

どなたでも、実施機関が保有しているご自分の個人情報について開示請求することができます。

4 開示請求手続き

開示請求書に必要事項を記入して、担当に提出してくだい。
個人情報開示請求書
開示請求の流れ

5 非公開となる情報

たとえ自己の個人情報であっても、次のような場合公開することができません。
・法令等に定めのある場合
・開示請求者以外の個人情報が含まれる場合
・法人等の競争、社会的地位などが損なわれる場合
・人の生命、財産の保護や公共の安全等の維持に支障がある場合 など

6 訂正請求権と利用停止請求権

訂正請求権
開示決定に基づき開示を受けた自己の個人情報に誤りがあるときは、実施機関に対してその訂正を請求することができます。

利用停止請求権
自己の個人情報が、不適法に収集、利用などされている場合、利用の停止などの請求をすることができます。

※いずれの場合も、開示を受けた日から90日以内に請求しなければなりません。
訂正や停止の請求があった場合、実施機関は請求内容に基づいた処置を行うかどうか決定し、請求者に通知します。(請求後30日以内)

 7 不服申し立て

開示請求や訂正請求等に関する実施機関の決定に不服がある場合は、不服申し立てをすることができます。
実施機関は不服申し立てがあった場合、情報公開・個人情報保護審査会に諮問し申し立てに対する決定を行います。

8 費用の負担

手数料は無料ですが、写しの作成や、郵送に要する経費は実費負担となります。
・写しによる交付の場合  10円×枚数
・その他の交付の場合(郵便など)  実際に要した費用

お問い合わせ

・総務企画課総務グループ
・電話 01564-5-5211
・メール sesoumu@shihoro.jp