子宮頸がん予防(HPV)ワクチンについて

子宮頸がん予防(HPV)ワクチンは高校1年の年度末までが定期接種の期限となっておりますので、接種を希望される方は期限までに接種ください。なお、接種にあたっては、その有効性と接種による副反応が起こるリスクを十分理解したうえで受けるようにしてください。

<場所>

・慶愛病院(0155-22-4188)・帯広徳洲会病院(0155-32-3030)・音更こどもクリニック(0155-32-2155)・豊川小児科内科医院(0155-32-2310)

<回数> 3回

<定期接種対象>小学6年生~高校1年生の女子

※町では標準的な接種期間となる中学1年生~高校1年生に個別にご案内しております。小学6年生で接種を希望される方は、予診票等を配布しますので、役場保健福祉課健康介護グループ(電話5-2108)までご連絡ください。

子宮頸がん予防ワクチンのリーフレット掲載ページ(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/index.html