新型コロナウイルス感染症に関する新たな「相談・受診の目安」(5月8日)

厚生労働省は2月はじめに、相談・受診の目安を強いだるさなどがある場合か、37.5度以上の熱が4日以上続く場合に相談するよう呼びかけていましたが、5月8日次のとおり新たな目安が出されましたのでお知らせいたします。

 

新しい「相談・受診の目安」

①息苦しさ(呼吸困難)・強いだるさ(倦怠(けんたい)感)・高熱などの強い症状のいずれかがある場合

②重症化しやすい人で、発熱やせきなどの比較的軽い風邪の症状がある場合

③これら以外で、発熱やせきなど比較的軽い風邪の症状が続くといった場合には、すぐに相談してください。

③については症状が4日以上続く場合は必ず相談し、本人が強い症状と思う場合にも、すぐに相談してください。

重症化しやすい人

▽高齢者

▽糖尿病、心不全、呼吸器疾患といった基礎疾患がある人

▽透析を受けている人

▽免疫抑制剤・抗がん剤などを使用している人

妊婦の方

念のため重症化しやすい人と同様に、早めに相談することを勧めています。厚生労働省は目安について「これまで通り、検査については医師が個別に判断する」とします。

お子様をお持ちの方

小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児科医療機関に電話などでご相談ください。

相談先

北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター (24時間相談窓口)

0800-222-0018(フリーコール)

聴覚に障害のある方をはじめ、電話での御相談が難しい方はエクセルアイコン相談様式をFAXまたはE-mailで送信願います。(帯広保健所または北海道保健福祉部健康安全局地域保健課)

帯広保健所

FAX:0155‐25‐0864
E-mail:obihoki.kikaku@pref.hokkaido.lg.jp

北海道保健福祉部健康安全局地域保健課

FAX:011‐232-2013
E-mail:hofuku.chihokansen@pref.hokkaido.lg.jp

 

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安