熱中症に注意しましょう

暑い日が続いています。

新型コロナウイルス感染防止と熱中症予防を両立させた生活で、暑い夏を乗り切りましょう!

1.暑さを避けましょう

・外出時は暑い日や暑い時間帯を避け、無理のない範囲で活動をしましよう。

・涼しい服装を心がけ、外に出る際は、日傘や帽子を活用しましょう。

・少しでも体調にi異変を感じたら、涼しい場所に移動し、水分を補給しましょう。

2.こまめに水分を補給しましょう

・のどが乾く前に、こまめに水分を補給しましょう(目安は1日あたり1.2リットル)。

・たくさん汗をかいたときは、スポーツドリンクや塩あめなどで水分とともに塩分も補給しましょう。

3.エアコン使用中もこまめに換気しましょう

一般的な家庭用エアコンは、室内の空気を循環させるだけで、換気は行っていません。エアコン使用中もこまめに換気をしましょう。

・窓とドアなどは2カ所を開ける。

・扇風機や換気扇を併用する。

・換気後はエアコンの温度をこまめに再設定する。

4.暑さに備えた体づくりと日頃から体調管理をしましょう

・運動は、水分補給を忘れずに、無理のない範囲で行いましょう。

・栄養のバランスに気をつけた食生活を心がけましょう。

・体調が悪いときは無理せず自宅で静養しましょう。

5.適宜マスクをはずしましょう

マスクを着けると皮膚からの熱が逃げにくくなったり、気づかないうちに脱水になるなど、体温調整がしづらくなってしまいます。屋外で人と十分な距離が確保できる場合は、マスクをはずしましょう。

・屋外で人と2m以上離れている時は、マスクをはずしましょう。

・マスクを着用しているときは、負担のかかる作業や運動を避けましょう。

熱中症の症状と対応について

熱中症の症状(日本救急医学会)は、Ⅰ度からⅢ度までの三つに区分されます。熱中症は、急速に症状が進行し、重症化しますので、軽症の段階で早めに以上に気づき、応急処置をすることが重要です。

  分  類    重 症 度           主 な 症 状
   Ⅰ度 軽症

現場での応急処置が可能

めまい・失神、筋肉痛・筋肉の硬直(こむら返り)、大量の発汗
   Ⅱ度 中等度

病院への搬送が必要

頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐、力がは入らない、体がぐったりする(熱疲労、熱疲弊)
   Ⅲ度 重症

入院・集中治療の必要

意識がなくなる、けいれん、歩けない、刺激への反応がおかしい、高体温(熱射病)

熱中症が疑われる人を見かけたときは

・すぐに風通しのいい日陰やクーラーなどが効いている室内など涼しい場所へ移します。

・衣服をゆるめたり、体に水をかけたり、またぬれタオルをあてて扇いだりするなどして、体から熱を放出させ冷やします。

・冷たい水を与え、たくさん汗をかいた場合は、スポーツドリンクや塩あめなどにより、塩分も補給します。

・自分の力で水分の摂取ができない場合や、意識障害が見られる場合は、症状が重くなっているため、すぐに病院に搬送します。

熱中症予防×コロナ感染 防止チラシ1

熱中症予防×コロナ感染防止チラシ2