老朽化した消火器に注意!!

老朽化した消火器に注意!!

老朽化した消火器による事故が多発!!

全国で、老朽化し腐食が進んだ消火器を操作したことにより、消火器が破裂し負傷したとみられる事故が相次いで発生しています!同様の事故は過去にも発生しており、死者を伴うような事故も発生しています!
古くなったり、腐食したり、キズのある消火器は、使用した際の内部の圧力に耐えられず、破裂する可能性があり、大変危険です!
今後、類似の事故が発生することを防止するためにも、下記のことに注意してください!

雨風にさらされる場所や湿潤な場所等に設置されていると、腐食しやすくなりますので、注意してください!

 

古い消火器、サビ、腐食、変形、キズ等が見られる消火器は強度上危険ですので、決して使用しないで新しいものに取り換えてください!

 

不用になった消火器については、放射や解体等の廃棄処理を自ら行うことなく、回収を行っている事業者に廃棄処理を依頼してください!

消火器の安全な回収のため、廃消火器リサイクルシステムが平成22年1月1日からスタートしています。
古い消火器を廃棄するには、一般社団法人日本消火器工業会が契約している特定のリサイクル窓口(特定窓口・指定取引所)であれば、有料で回収を依頼することが可能です。
2010年1月以前の消火器を廃棄する場合は、「既販品用消火器リサイクルシール」を特定窓口あるいは指定取引所で購入し、消火器に貼り付け、回収を依頼してください。2010年1月以降に製造されている消火器は、消火器リサイクルシール付で販売されていますので、シールを購入する必要はありません。


詳しくは(株)消火器リサイクル推進センター(←左記をクリックで移動します)のホームページをご覧ください。

 ※消火器はゴミとして収集していませんので、一般家庭ゴミとして捨てることはできません!!消防署でも、消火器の回収や廃棄は行っていません!!

問い合わせ

士幌消防署予防係
5-2323

士幌消防署 防火標語
「 火事発生  あせらず通報  119番 」
作者:上居辺小学校6年生  佐藤 綾香(さとう あやか)