風しん抗体検査を受けましょう

2022年3月31日までの間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性の方は風しん抗体検査・予防接種を公費で受けられます。

風しんは、感染者の飛まつ(唾液のしぶき)などによって他の人にうつる、感染力が強い感染症です。妊娠早期の妊婦が風しんに感染すると、出生児が先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障害が出ること)になる可能性があります。

大人になって感染すると無症状~軽症のことが多いですが、まれに重篤な合併症を併発することがあります。また、無症状でも他人に風しんをうつすことがあるので、感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つことが重要です。

▶ 風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、抗体保有率が他の世代に比べて低く(80)なっています

▶ そのため、2022年3月31日までの期間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を風しんの定期接種※の対象者とし、クーポン券を郵送にてお届けしています。※予防接種法(昭和23年法律第68号)第5条第1項の規定に基づく定期の予防接種です。

▶ 対象者の方には、クーポン券を利用して、まず抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分な量の抗体がない方は、定期接種の対象となります。

○まだ検査を受けていない方は実施医療機関にクーポン券をお持ちいただかないと抗体検査・予防接種を公費で受けられません。対象者の方でクーポン券を無くしてしまった等でクーポン券をお持ちでない方が検査を希望される方はクーポン券を再発行しますので士幌町役場保健福祉課健康介護グループまでお問い合わせください。

(電話5-2108)

○住民票住所とクーポン券の住所が一致していない場合住民票のある市区町村でクーポンの再発行が必要です。

○抗体検査・予防接種のクーポンは、全国多くの医療機関で使えます。また、健康診断や人間ドックで使える場合もあります。詳しくは、受診先にご確認ください。

○実施医療機関により、実施曜日・時間が決まっているところや予約が必要な場合があります。事前に電話で確認のうえ受診することをお勧めします。

○風しんの追加的対策の詳しい情報、本事業に参加している全国の医療機関リストは厚生労働省HPをご覧ください。

抗体検査を受けなくても良い場合があります。

★風しん(検査により診断)に罹った事がある場合

★平成26年4月1日以降風しん抗体検査を受けた陽性の記録証明がある場合

★風しん予防接種を受けた記録証明がある場合。

これらの方でも、希望される場合は抗体検査を受けることができます。

★風しん抗体検査を受けましょう

クーポン券再発行申し込み用紙