ロゴマーク・キャッチフレーズを使って 開町100周年を一緒に盛り上げよう!

士幌町開町100周年記念事業ロゴマーク・キャッチフレーズは、商用・非商用を問わず、名刺やポスター、商品等様々なものに使用いただけます。
 

 

ロゴマーク

   

ロゴマーク(カラー)(jpeg)

ロゴマーク(モノクロ)(jpeg)

キャッチフレーズ

100周年 夢拓き 大地と生きる 士幌町

使用方法

使用する際は、「士幌町開町 100 周年記念事業ロゴマーク及びキャッチフレーズ取扱規程 」を読み、使用要件を満たしていることを確認してください。

士幌町開町100周年記念事業ロゴマーク・キャッチフレーズ使用ガイドライン(pdf)

士幌町開町100周年記念事業ロゴマーク及びキャッチフレーズ取扱規程(pdf)

様式第1号 ロゴマーク及びキャッチフレーズ非営利使用(変更)届出書(Word)

様式第2号 ロゴマーク及びキャッチフレーズ営利使用(変更)申請書(Word)

《問い合わせ・提出先》

士幌町役場総務企画課総務グループ
士幌町開町100周年記念事業検討委員会事務局
電話  01564-5-5211
メール sesoumu@shihoro.jp

開町100周年記念事業「ロゴマーク」・「キャッチフレーズ」が決定しました!

ロゴマーク51作品、キャッチフレーズ113作品の中から記念事業検討委員会での厳正な選考を経て決定しました。

採用作品については、開町100周年を皆さまとともに盛り上げるとともに、様々な記念事業の展開や町内外に魅力を発信するため活用させていただきます。

ロゴマーク

群馬県在住 井口 やすひさ(いぐち やすひさ)さんの作品

   

作品の説明

士幌町開町100周年記念を町民一体となって祝うイメージを「100th(町章)」と「町周辺の豊かな自然(山・川・丘陸)」をモチーフに、開町100周年の貴重な歴史や伝統・産業・文化のあらゆる情報交流の絆と魅力発信を表すと共に、「士幌町開町100周年記念」の機運醸成を節目に次世代へ継承し、安心・信頼される町の福祉や町政を目標に更なる発展・繁栄する「士幌町」の輝かしい姿と未来像を力強くアピールしています。

キャッチフレーズ

愛知県在住 中山 善富(なかやま よしとみ)さんの作品

100周年 夢拓き 大地と生きる 士幌町

作品の説明

岐阜から先達が入植して以降、豊かさを夢見て、大地の開拓を推進し、大地と共に生きてきた士幌町の歩みを、温故知新の思いで、後世へと引き継いでいけるよう願いを込めました。

《問い合わせ》

士幌町役場総務企画課総務グループ
士幌町開町100周年記念事業検討委員会事務局
電話  01564-5-5211
メール sesoumu@shihoro.jp

第4期士幌町男女共同参画基本計画(案)に対する意見募集

町では、男女共同参画の推進に関する施策を総合的かつ計画的に進めるための基本計画である、第4期士幌町男女共同参画基本計画(5か年計画 令和3年度~令和7年度)(案)について、皆様のご意見を募集します。

意見提出対象者

  • 士幌町内に住所を有する方
  • 士幌町内に事務所又は事業所を有する個人及び法人
  • 士幌町内に在勤、在学する方

 意見等の募集期間

  • 令和3年2月15日(月)から令和3年3月8日(月)午後5時15分まで
  • 郵送の場合は、令和3年3月15日(月)必着
  • 持参の場合は、午前8時30分から午後5時15分まで(土、日、祝日を除く)

資料の閲覧場所

意見等の提出方法

  • 電子メール、FAX、郵送または持参でお寄せください。
    ※電話での意見の提出及び個別での回答はできません。
  • 意見等の提出書に住所、氏名、電話番号を記載の上、提出してください。

意見等の取扱い

  • 締め切り後、意見を取りまとめ、計画策定に役立てます。
  • 提出時に記載された住所、氏名(団体・企業の場合は団体・企業の名称)、電話番号については公開しません。

問合せ先

  • 士幌町役場総務企画課総務グループ
  • TEL 5-5211
  • FAX 5-4304
  • E-mail sesoumu@shihoro.jp

防災ラジオの配布と試験放送

配布

災害時に速やかに情報をお伝えするために町内に居住している方、人の集まる大きな事業所等に対し、順次防災ラジオを無償貸与により配布しています。
町から委託を受けた次の業者が、皆様の家庭を訪問しておりますので申請書の記入をお願いします。

  • 加藤電気工業株式会社(士幌)
  • 士幌・電設株式会社(士幌)
  • 光和電建有限会社(士幌)
  • 電気興業株式会社(札幌)
    ※これらの業者は、町が発行する身分証明書を提示のうえ訪問します。

試験放送

受領後は、試験放送にて受信状況を確認して下さい。
3月末まで毎週日曜日午後6時に、試験放送を実施しています。

お問い合わせ先

使用方法・故障などは [防災ラジオコールセンター]0120-388-280
その他のお問い合わせは担当まで
担当 総務グループ 電話01654-5-5211

 

防災ラジオチラシ

士幌町開町100周年記念事業「ロゴマーク」・「キャッチフレーズ」の募集について

100周年ロゴマーク・キャッチフレーズ募集
士幌町は、1921年(大正10年)に音更村から分村して以来、令和3年に「開町100周年」を迎えます。
様々な記念事業の展開や町内外に魅力を発信するにあたり、事業の統一性を表すとともに、士幌への愛着を深めるため、士幌町開町100周年記念事業に使用できる「ロゴマーク」と「キャッチフレーズ」をそれぞれ次のとおり募集します。

応募期間

令和3年1月28日(木)まで(必着)

※詳しくは、募集要項をご覧ください。

ロゴマーク    応募用紙(PDFWord
キャッチフレーズ 応募用紙(PDFWord

《提出先・問い合わせ》

〒080-1200 士幌町役場総務企画課総務グループ
士幌町開町100周年記念事業検討委員会事務局 宛
電話  01564-5-5211
メール sesoumu@shihoro.jp

防災無線整備工事のお知らせ

このことについて、次のとおり工事を行いますのでご注意ください。

なお、施設等のご利用は可能ですが、通路の迂回をお願いする場合があります。

士幌高原ヌプカの里展望駐車場

工期:11月中旬から翌年1月下旬まで

中士幌公民館

工期:12月上旬から翌年2月上旬まで

下居辺公民館

工期:12月上旬から翌年2月上旬まで

 

(総務企画課総務グループ ⑤5211)

町内施設の利用休止等の延長について

新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言の延長を受け、新型コロナウイルス感染症対策のため、町内施設の利用休止等の延長についてお知らせします。

町内施設の利用休止等の延長について(PDF)

(士幌町新型コロナウイルス感染症対策本部)

「緊急速報メール」による道民への外出自粛要請及び注意喚起について

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、「緊急速報メール」(NTTドコモの「エリアメール」、au(KDDI)・ソフトバンクの「緊急速報メール」)で配信可能な項目に、「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく感染を防止するための外出自粛要請」が追加されました。

道では、この「緊急速報メール」を活用し、外出自粛要請をお願いする場合等に、その旨を道内全域に配信することを検討しています。

 

緊急事態宣言

政府は、5月6日までの期間、特別措置法に基づく「緊急事態宣言」対象地域を全国に拡大しました。町民の皆さんには、あらためて注意点を確認していただき、今後の新型コロナウイルス感染症の拡大防止へのご協力をお願いします。

緊急事態宣言(PDF)

(士幌町新型コロナウイルス感染症対策本部)

士幌町スクールバスおよびコミュニティバスでの新型コロナウイルス感染症予防について

スクールバス及びコミュニティバスを利用される場合は、新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力をお願いします。

お知らせ(PDF)

(士幌町新型コロナウイルス感染症対策本部)

新型コロナウイルスに関する注意喚起

昨年末から中国湖北省武漢市において新型コロナウイルス感染症が発生し、いまもなお猛威を振るい世界各地で感染が確認されています。

外務省ではこうした状況を踏まえ、新型コロナウイルスへの感染拡大を防ぐために、一部入国制限の実施や、在中国在留邦人の早期一時帰国、中国渡航者への渡航延期の検討について呼びかけておりますので、中国及びその他諸国に渡航を予定されている方は情報収集及びウイルス対策はもとより、渡航の延期についてご検討ください。

外務省海外安全ホームページ

令和3年歌会始の案内について

令和3年の歌会始について宮内庁HPにて掲載されておりますのでお知らせいたします。

令和3年の歌会始について(宮内庁HP)

~お問い合わせ~

〒100-8111
東京都千代田区千代田1-1
宮内庁式部職儀式第二係
電話番号:03-3213-1111(内線3393、3394)
ファクス番号:03-3282-1404

第14回士幌町女性サミットの開催について

令和2年2月13日(木)午後7時より第14回士幌町女性サミットが開催されます。
例年グループ毎に分かれて、私たちの住む士幌町について話し合いをしながら、より良い士幌町を目指して様々な意見を交わしています。

難しい専門的な会議ではなく、いろんな意見を気軽に交換し合う楽しい場ですので、老若男女問わず様々な方の参加をお待ちしております。

※託児も行っておりますので、参加申込みの際にご連絡ください。

◎日時   : 令和2年2月13日(木) 午後7時~8時半頃
◎場所   : コミュニティセンター2階 視聴覚室
◎テーマ  : ”2020” 女性にできるあたらしい町づくり
◎対象者 : 士幌町にお住まいの方
◎申込み : 2月12日(水)までに電話、ファックス、メールにてお申込みください

~案内及び申込書はこちらから~
案内
申込み用紙

【お問い合わせ・お申込み】
士幌町役場総務企画課総務グループ
TEL:01564-5-5211  FAX:01564-5-4304  Mail:sesoumu@shihoro.jp

 

雪の被害防止のために

暴風雪が発生した際、車の走行が困難になり立ち往生した場合、雪によって車の排気口が塞がれ行き場をなくした排気ガスが車内に漏れ出し一酸化炭素中毒で命を落としてしまう危険性があります。
その他にも風で物や屋根が飛ばされるなど、歩行での外出時も危険がいっぱいです。

そうした危険に備えるためにも外出時は天候をしっかりと確認し、車内にスコップを積んだり、悪天候時は不用意に外出しない等、事前の準備や確認を必ず行いましょう。

詳細は
暴風雪リーフレット
小学生向けリーフレット

除雪などによる被害防止について

例年、屋根からの雪下ろし中や落氷雪等による死傷事故が多数発生しています。
除雪などによる事故を未然に防ぐために、次の事項に注意するようお願いいたします。

〇屋根の雪下ろし
(1)複数人で行う・・・はしごを支える人、安全を確認する人等
(2)靴やはしごにすべり止めをつける
(3)命綱をつける
(4)周囲の確認をしっかりする・・・通行人や子どもに十分注意して
(5)低い屋根でも危険はいっぱい
(6)建物の周りにクッションになる雪を残して雪下ろしを
(7)晴れの日ほど屋根の雪が融けて落雪しやすい

〇除雪機を使用する場合
(1)機械に巻き込まれない服装を
(2)異常が発生したらすぐエンジン停止
(3)周囲の確認をしっかりする・・・通行人や子どもに十分注意して
(4)除雪道具はこまめに手入れ、点検を

〇住宅の安全対策
無落雪屋根や雪止め金具の設置を検討
※詳細は「戸建て住宅の屋根の雪処理計画」を参照

〇その他の注意事項
(1)屋根の下を通る時は雪やつららに注意
(2)無理な作業をせず、除雪作業で汗をかいたら着替えを
(3)暴風雪や大雪警報が発表されたら外出を控える
(4)携帯電話の携行を忘れずに

▼参考除雪などによる被害防止について