【 いつもの生活に+1㍑分の牛乳・乳製品を! 】

画像

 士幌町から町民のみなさんにお願いがあります!

 新型コロナウイルスの影響により、全国的な牛乳・乳製品の消費減少が懸念されています。

 また、年末年始は冬休みで学校給食はなくなり、お正月には一部のスーパーや飲食店などもお休みとなり、一年のうちで最も消費が少ない時期なのです。

 《 それなら、搾る量を減らしたらいいんじゃないかな? 》

と疑問を感じる方もいると思います。

 しかし、牛さんたちは毎日生乳を搾らないと病気になったり、体調を崩してしまい、これらを防ぐためにも毎日生乳を搾る必要があるのです。

 そこで、【 いつもの生活に+1㍑分の牛乳・乳製品を! 】という消費拡大を目的として、意識的に牛乳・乳製品を手に取り、購入することにより、生産者の方、そして毎日牛乳を出してくれる牛さんたちを応援しましょう!

【関係リンク】

◯ 【年末年始の牛乳消費拡大に向けて「NEW(乳)プラスワンプロジェクト」開始!
  (農林水産省)

◯ 【牛乳チャレンジ2.0~乳(New)スタイル~について[消費拡大]
  (北海道農政部生産振興局畜産振興課)

◯ 【 一般社団法人Jミルク ホームページ

「士幌町酪農・肉用牛生産近代化計画書」の策定について

 このことについて、本町の酪農及び肉用牛生産の現状と課題について認識を共有した上で、関係者が一丸となって取り組むべき施策や対応方針を明らかにし、生乳の生産数量や乳牛・肉用牛の飼養頭数などの目標を記載した令和12年度(2030年度)を目標年とする新たな「士幌町酪農・肉用牛生産近代化計画書」を令和3年(2021年)9月に策定しました。

士幌町酪農・肉用牛生産近代化計画書(PDF)】

  • 策定年月:令和3年9月
  • 計画期間:令和3年度~令和12年度