風しん抗体検査を受けましょう

2022年3月31日までの間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性の方は風しん抗体検査・予防接種を公費で受けられます。

風しんは、感染者の飛まつ(唾液のしぶき)などによって他の人にうつる、感染力が強い感染症です。妊娠早期の妊婦が風しんに感染すると、出生児が先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障害が出ること)になる可能性があります。

大人になって感染すると無症状~軽症のことが多いですが、まれに重篤な合併症を併発することがあります。また、無症状でも他人に風しんをうつすことがあるので、感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つことが重要です。

▶ 風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、抗体保有率が他の世代に比べて低く(80)なっています

▶ そのため、2022年3月31日までの期間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を風しんの定期接種※の対象者とし、クーポン券を郵送にてお届けしています。※予防接種法(昭和23年法律第68号)第5条第1項の規定に基づく定期の予防接種です。

▶ 対象者の方には、クーポン券を利用して、まず抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分な量の抗体がない方は、定期接種の対象となります。

○まだ検査を受けていない方は実施医療機関にクーポン券をお持ちいただかないと抗体検査・予防接種を公費で受けられません。対象者の方でクーポン券を無くしてしまった等でクーポン券をお持ちでない方が検査を希望される方はクーポン券を再発行しますので士幌町役場保健福祉課健康介護グループまでお問い合わせください。

(電話5-2108)

○住民票住所とクーポン券の住所が一致していない場合住民票のある市区町村でクーポンの再発行が必要です。

○抗体検査・予防接種のクーポンは、全国多くの医療機関で使えます。また、健康診断や人間ドックで使える場合もあります。詳しくは、受診先にご確認ください。

○実施医療機関により、実施曜日・時間が決まっているところや予約が必要な場合があります。事前に電話で確認のうえ受診することをお勧めします。

○風しんの追加的対策の詳しい情報、本事業に参加している全国の医療機関リストは厚生労働省HPをご覧ください。

抗体検査を受けなくても良い場合があります。

★風しん(検査により診断)に罹った事がある場合

★平成26年4月1日以降風しん抗体検査を受けた陽性の記録証明がある場合

★風しん予防接種を受けた記録証明がある場合。

これらの方でも、希望される場合は抗体検査を受けることができます。

★風しん抗体検査を受けましょう

クーポン券再発行申し込み用紙

 

新型コロナウイルス感染症相談・受診について

新型コロナウイルス感染症相談・受診について

新型コロナウイルス感染症相談・受診の目安

以下のいずれかに該当する場合は、すぐにご相談ください。

・息苦しさ、強いだるさ、高熱等の強い症状がある場合

・重症化しやすい方(高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患等のある方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方)で、発熱やせき等の比較的軽い風邪症状がある場合

上記以外の方で、発熱やせきなど比較的軽い風邪の症状が続く場合

症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合はすぐにご相談ください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。

・妊婦の方は念のため、重症化しやすい方と同様に、早めにご相談ください。

・お子様については、かかりつけの小児科医にご相談ください。

 

新型コロナウイルス感染症相談・受診先について

・かかりつけ医

かかりつけ医のいる方はかかりつけ医に相談し、受診について指示を受けてください。

・北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター

かかりつけ医がいない、相談先がわからない方は北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター(24時間対応)に相談ください。受診や検査が必要な場合、対応可能な医療機関等を紹介します。

北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター 0800-222-0018(フリーコール)

・士幌町国民健康保険病院(5-2106)

発熱があり受診する場合は、感染拡大防止のため受診する前に電話でご連絡ください。

医師が診察し、検査が必要と判断された場合は、対応可能な医療機関等を紹介します。

 

※ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせは保健福祉課健康介護グループ

健康推進担当にご連絡ください。 電話 5-2108

 

 

新型コロナウイルスの家庭内の感染防止について

新型コロナウイルスの家庭内の感染防止について

新型コロナウイルスの感染者数が増えています。ご家族が発症した場合、一緒に暮らす家族が感染する可能性が高くなってしまいます。ご家族に発熱等の感染が疑われる症状がある場合は、次のことに注意しましょう。

①発熱等の症状のある方と部屋を分けましょう

②発熱等の症状のある方のお世話は、限られた方で行いましょう

③マスクをつけましょう

④こまめに手を洗いましょう

⑤定期的に換気を行いましょう

⑥手で触れる共有部分(ドアノブ、トイレ、洗面所など)を消毒しましょう

⑦汚れた衣服の洗濯はマスクと手袋を着用しましょう

⑧ゴミは密閉して捨てましょう

 

令和2年10月1日から予防接種の間隔が変わります

令和2年10月1日から、異なる種類の予防接種の接種間隔が改正されます。注射生ワクチンから注射生ワクチンは27日以上の間隔をあけて接種し、それ以外の異なるワクチンの接種間隔については制限がなくなりました。ロタワクチンやヒブ、B型肝炎、小児用肺炎球菌など、同じ種類のワクチンを複数回接種する場合は、これまで通りそれぞれのワクチンに定められた接種間隔を守る必要があります。下記の図を参考にしてください。

予防接種の間隔が変わります

季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い(厚生労働省)

 新型コロナウイルス感染症の流行が懸念される中、この冬に向けてインフルエンザワクチンの需要が高まる可能性があります。
今年は過去5年で最大量(最大約6300万人分)のワクチンを供給予定ですが、より必要とされている方に、 確実に届くように、ご協力をお願いします。

○ 原則として、
①予防接種法に基づく定期接種対象者(65 歳以上の方等)の方々でインフルエンザワクチンの接種を希望される方は10 月1日(木)から(※)接種を行い、それ以外の方は、10 月26 日(月)まで接種をお待ちいただくようお願いします。
(※)自治体によってはワクチンの接種開始時期が異なり得ますので、ご注意ください。

士幌町国保病院では、10月5日から接種を開始します

○ 10 月26 日(月)以降は、
特に、②医療従事者、65 歳未満の基礎疾患を有する方、妊婦、乳幼児(生後6 ヶ月以上)~小学校低学年(2年生)の方々で、インフルエンザワクチンの接種を希望される方に対して、接種が可能となります。

○ なお、これら以外の方々についても、10 月26 日(月)以降は接種をお待ちいただく必要はありません。

 

季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou18/index_00011.html

 

士幌町子育て世代包括支援センター(母子保健型)愛称が決まりました 

この度は士幌町子育て世代包括支援センターの愛称募集にたくさんの方にご応募いただき
誠にありがとうございました。
公募の理由等をひとつひとつ選考し、大通り 小野寺早央里さん の「よすが」を選ばせていただきましたのでお知らせいたします。

ひとつに決定するのは困難な作業でしたが多くの方に親しみを持って利用していただけるよう選定させていただきました。

結果

マミールーム Yosuga-よすが-

「よすが」とは身や心のよりどころとすること 頼りにすることを意味することばです。

 

授乳スペースや、おむつ替え台、こどもトイレ、計測スペース、育児相談スペースを設置しています。

休憩や授乳、育児相談など気軽に利用してください。

総合福祉センター内 月~金 9:00~17:00開館 土日祝日閉館

※令和2年9月25日(金)10:00~11:00 内覧会を行います。ぜひお立ち寄りください。

 

エキノコックス症検診があります

エキノコックス症とは

エキノコックス症は、キツネや犬などの腸の中で成虫になるとエキノコックスという寄生虫の卵が、ふん便と一緒になって排出され、これが人の口から体内に入り数年から10数年の潜伏期間を経て肝機能障害に伴う疲れやすさ等の症状が現れ、放っておくと転移したり、命に関わることもあります。

全道的に見ても毎年20数名の患者さんが見つかっています。また、十勝でも2009年に犬の感染が報告されていたりと、まだまだ注意が必要です。しっかり予防をすれば、恐ろしい病気ではありません。

士幌町では重点地区を決めて検診を行っています。今年の重点地区は、下居辺地区、佐倉地区、上居辺地区、士幌市街地区となっています(それ以外の地区の方も受けられますので、ぜひこの機会に検診を受けましょう)。この検診は健康マイレージ事業対象事業です。

日時・場所 令和 2年 8月 7日(金)

下居辺地区集落センター    13:00~13:30

佐倉交流センター       14:00~14:30 

上居辺総合地域施設      15:00~15:30

総合福祉センター       16:00~16:30

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため日程、場所の変更もあります。

対象 小学3年生以上の士幌町民
検査内容 血液検査(結果は後日郵送します)
検査料金 小学3年生~中学3年生まで無料(全額、町で負担)

高校生以上 1人300円(町で800円を助成)

申し込み 令和2年7月31日(金)までに電話より申し込みしてください。

問い合わせ・申し込み 保健福祉課 健康介護グループ 電話 5-2108

遅らせないで!子どもの予防接種

遅らせないで!子どもの予防接種

子どもの予防接種は、一番必要な時期に受けることが重要です。

お子さまの健康が気になる時だからこそ、お子さまの健やかな成長と命を守るため、望ましい時期に確実に受けましょう。

なぜ、予防接種は遅らせない方がよいの?

●予防接種のタイミングは、感染症にかかりやすい年齢などをもとに決められています。

●特に、生後2か月から予防接種を受け始めることは、お母さんからもらった免疫が減っていくときに、赤ちゃんがかかりやすい感染症(百日せき、細菌性髄膜炎など)から赤ちゃんを守るために、とても大切です。

予防接種に赤ちゃんを連れて行っても大丈夫?

●医療機関では、接種を行う時間や場所に配慮し、換気や消毒を行うなど、新型コロナウイルス感染症の感染予防対策に努めています。

●予防接種はできるだけ事前に予約しましょう。一般の受診患者と別の時間や場所で受けられる医療機関もあります。

●受診の前には、体温を測定するなど、体調に問題がないことを確認してください。(※)。家に帰ったら、赤ちゃん、保護者とも、手洗いなどの感染対策をしっかりしましょう。また、予防接種を受けた日も入浴は可能です。

※体調が悪いときは、感染症を周りの人に感染させるおそれがあるので、予防接種に行くことはやめましょう。元気になったら、あらためて予定を立ててください。

新型コロナの流行で予防接種を受けそびれました。どうすればいい?

●受けそびれてしまった場合は、できるだけ早く受けましょう。新型コロナウイルス感染症の国内の発生に伴いやむを得ず規定の接種時期を超えてしまった場合は保健福祉課 健康介護グループ 健康推進担当保健師(電話5-2108)にご相談ください。

●子どもの予防接種は、決して「不要不急」ではありません。まだ接種期間内の方は、お早めに接種をおすませください。

遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診(厚生労働省)

蚊媒介感染症及び ダニ媒介感染症に注意しましょう

気温が高くなる夏には肌の露出が増え、病原体を媒介する蚊やダニに刺された
り咬まれたりすることが心配されます。野外作業やレジャー等の際には注意しましょう。

  • 蚊・ダニに咬まれないポイント

蚊・ダニ共通対策

●肌の露出を少なくする
長袖・長ズボンを着用する
足を完全に覆う靴を履く(サンダルなどは避ける)
●明るい色の服を着る
●虫除け剤を使用する

ダニ対策

●帽子・手袋を着用し、首にタオルを巻くなど
●シャツの裾はズボンの中に、
ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れる
※野外活動後は入浴し、ダニに咬まれていないか確認
しましょう。特に、首、耳、わきの下、足の付け根、手首、
膝の裏などに注意しましょう。

 

ダニ媒介感染症

ダニ媒介感染症とは、病原体を保有するダニに咬まれることによって起こる感染症のことです。
人が野外作業や農作業、レジャー等で、これらのダニの生息場所に立ち入ると、ダニに咬まれることがあります。ダニがウイルスや細菌などを保有している場合、咬まれた人が病気を発症することがあります。

【ダニが媒介する感染症】重症熱性血小板減少症候群(SFTS)・ダニ媒介脳炎・日本紅斑熱・つつが虫病・ライム病 など

蚊媒介感染症

蚊媒介感染症とは、病原体を保有する蚊に刺されることによって起こる感染症のことです。

主な蚊媒介感染症には、ウイルス疾患であるデング熱、チクングニア熱、ジカウイルス感染症、日本脳炎、ウエストナイル熱、黄熱、原虫疾患であるマラリアなどがあります。
これらの感染症は主に熱帯、亜熱帯地域で流行しています。日本においては日本脳炎以外の蚊媒介感染症は海外からの輸入感染症としてみられていますが、デング熱に関しては2014年に国内感染例が報告されました。

【蚊が媒介する感染症】日本脳炎・デング熱・チクングニヤ熱・ジカウイルス感染症 など

蚊ダニ啓発ポスター

新型コロナウイルス感染症対策~妊婦の方々へ~

新型コロナウイルス感染症につきまして、一般の方々に向けた受診・相談の目安が改訂されたこと等をうけ、妊婦の方々向けのリーフレットが改訂され、公表されましたのでお知らせいたします。

【別添】リーフレット「新型コロナウイルス感染症対策(COVID-19) ~妊婦の方々へ~ (改訂版)

 

新型コロナウイルス感染症に関する新たな「相談・受診の目安」(5月8日)

厚生労働省は2月はじめに、相談・受診の目安を強いだるさなどがある場合か、37.5度以上の熱が4日以上続く場合に相談するよう呼びかけていましたが、5月8日次のとおり新たな目安が出されましたのでお知らせいたします。

 

新しい「相談・受診の目安」

①息苦しさ(呼吸困難)・強いだるさ(倦怠(けんたい)感)・高熱などの強い症状のいずれかがある場合

②重症化しやすい人で、発熱やせきなどの比較的軽い風邪の症状がある場合

③これら以外で、発熱やせきなど比較的軽い風邪の症状が続くといった場合には、すぐに相談してください。

③については症状が4日以上続く場合は必ず相談し、本人が強い症状と思う場合にも、すぐに相談してください。

重症化しやすい人

▽高齢者

▽糖尿病、心不全、呼吸器疾患といった基礎疾患がある人

▽透析を受けている人

▽免疫抑制剤・抗がん剤などを使用している人

妊婦の方

念のため重症化しやすい人と同様に、早めに相談することを勧めています。厚生労働省は目安について「これまで通り、検査については医師が個別に判断する」とします。

お子様をお持ちの方

小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児科医療機関に電話などでご相談ください。

相談先

北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター (24時間相談窓口)

0800-222-0018(フリーコール)

聴覚に障害のある方をはじめ、電話での御相談が難しい方はエクセルアイコン相談様式をFAXまたはE-mailで送信願います。(帯広保健所または北海道保健福祉部健康安全局地域保健課)

帯広保健所

FAX:0155‐25‐0864
E-mail:obihoki.kikaku@pref.hokkaido.lg.jp

北海道保健福祉部健康安全局地域保健課

FAX:011‐232-2013
E-mail:hofuku.chihokansen@pref.hokkaido.lg.jp

 

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

 

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として「新しい生活様式」が示されましたのでお知らせします

厚生労働省は2020年5月7日、新型コロナウイルスの感染拡大を予防するために今後、日常生活の中で取り入れてほしい実践例を具体的に示した「新しい生活様式」を提言しました。

「新しい生活様式」の実践例

実践例では、「ひとりひとりの基本的感染対策」「日常生活を営むうえでの基本的生活様式」「日常生活の各場面別の生活様式」「働き方の新しいスタイル」の4つの項目について説明されています。

「ひとりひとりの基本的感染対策」では、感染防止の3つの基本として、①身体的距離の確保②マスクの着用③手洗い。具体的には人との間隔はできるだけ2m(最低1m)空け、遊びにいくなら屋内より屋外を選ぶこと、会話をする際は可能な限り真正面を避けること、手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗うこと(手指消毒薬の使用も可)などのポイントがあげられています。

また、移動に関する感染対策として、帰省や旅行は控えめにすること、発症したときのために誰とどこであったかをメモにすることなどがあります。

「日常生活の各場面別の生活様式」では、買い物、娯楽やスポーツなど、公共交通機関の利用、食事、冠婚葬祭などの親族行事に関して説明。買い物は通販も利用するほか、1人または少人数で空いた時間に行うこと、サンプルなど展示品への接触は控えめにすることなどをあげている。冠婚葬祭などの親族行事については、多人数での会食は避け、発熱や風邪の症状がある場合は参加しないことをポイントとしています。

新型コロナウイルス感染症は、無症状や軽症の人であってもほかの人に感染を広げる例があります。厚生労働省は、感染症対策には、自らを感染から守るだけでなく、周囲に感染を拡大させないことが大事であり、そのためにはひとりひとりの心がけが何より重要だと伝えています。

新たな生活様式の実践例

これまでも感染拡大を食い止めるために徹底した「行動変容」の重要性を訴え、手洗いや身体的距離確保といった基本的な感染対策の実施、「3つの密」を徹底的に避けること、「人との接触を8割減らす10のポイント」などの提案を重ねて呼びかけています。

人との接触を8割減らすポイント

業種ごとの感染拡大予防ガイドラインに関する留意点も提示

業種ごとの感染拡大予防ガイドラインに関する留意点も提示されています。特に事業者において提供するサービスの場面ごとに具体的な感染予防を検討し、実践することが必要になります。

社会にはさまざまな業種等が存在し、感染リスクはそれぞれ異なることから、業界団体等が主体となり、また、同業種だけでなく他業種の好事例等の共有なども含め、業種ごとに感染拡大を予防するガイドライン等を作成し、業界をあげてこれを普及し、現場において、試行錯誤をしながら、また創意工夫をしながら実践することを強く求められています。

同時に、「リスク評価とリスクに応じた対応」「各業種に共通する留意点」「症状のある方の入場制限」「感染対策の例」「トイレ」「休憩スペース」「ゴミの廃棄」「清掃・消毒」「その他」の各項目ごとの留意点が解説されています。

専門家会議は、「新型コロナウイルス感染症は、無症状や軽症の人であっても、他の人に感染を広げる例がある。新型コロナウイルス感染症対策には、自らを感染から守るだけでなく、自らが周囲に感染を拡大させないことが不可欠である。そのためには一人ひとりの心がけが何より重要である」とされています。

国の専門家会議が示した「提言」全文

新型コロナウイルスを想定した「新たな生活様式」

 

風しん抗体検査及び風しんの第5期定期予防接種

はじめに

厚生労働省の事業の一環として、士幌町では風しんの発生とまん延の予防のため、過去に風しんの定期予防接種の機会が無かった男性(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの方)に対し、4月に無料で風しん抗体検査及び予防接種の無料クーポン券を郵送しております。

平成31年度(令和元年度)にクーポン券を発行した対象者の方(昭和47年4月2日生まれから昭和54年4月1日)でまだクーポン券を利用していない方にも有効期限「2022年3月31日」のクーポン券を発行しています。

事業概要

本事業概要は以下のとおりです。

  1. 本事業の制度をご利用されるには、クーポン券が必要となります。
  2. 抗体検査を希望される方は、抗体検査のクーポン券を使用することにより委託医療機関を受診、または特定健診や職場健診の機会を利用して無料で抗体検査を受けることができます。
  3. 抗体検査が陰性であった方(風しんの抗体がなかった方)は、予防接種のクーポン券により、指定の医療機関において、無料で風しん予防接種を1回受けることができます。

対象者

士幌町民で、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性の方。

ただし、以下の方は抗体検査や定期予防接種を受ける必要はありません。

  • 過去に風しん抗体検査等による確定診断を受けたことがあり、罹患記録がある方。
  • 平成26年4月1日以降に受けた風しん抗体検査により、十分に抗体を保有している方(HI法で16倍以上、EIA法で6.0以上等を示す記録がある場合となります)。
  •  平成31年度に発行したクーポン券(使用期限は「2020年3月まで」)を使用して検査及び予防接種をすでに受けられた方

抗体検査予防接種までの流れ

★抗体検査・予防接種までの流れ

  • クーポン券が届きますので医療機関で検査を受けることができます。 医療機関は予約が必要となる場合もございます。事前にお電話にてクーポン券の使用についてお伝えいただくようお願いします。受検時の持ち物として以下が必ず必要となります。

1.抗体検査のクーポン券(クーポン券部分のみ切り離さないようにしてください)

2.現住所が確認できる本人確認書類(運転免許証、保険証、マイナンバーカードなど)

  • 検査結果は、受診した医療機関から対面又は郵送により後日通知されます。予防接種を受ける場合は受診した医療機関から郵送された検査結果【風しん抗体検査受診票(本人控え)(検査結果が陰性のもの)】につきましても必ず持参してください。

抗体検査の結果、抗体価が低かった場合(HI法で8倍以下、EIA法で6.0未満等)予防接種をクーポン券を利用して無料でうけられます。今後、風しんに感染してしまう可能性がありますので、予防接種を受けていただくようお願いします。予防接種は麻しん風しん混合の予防接種となります。

クーポン券の留意事項

クーポン券用紙の上部には、対象者の方のお名前とご住所が記載されております。こちらは医療機関や健診機関で住所確認する際に必要な情報となりますので、クーポン券部分のみ切り離したり、シールを剥がすことなく保管いただきますようお願いします。

  •  クーポン券をお持ちでない場合は、申請により発行可能です。申請から1週間~2週間程度でお手元にお届けいたします。
  • 町ではまだ抗体検査をクーポン券を使用して受診していない方に令和2年4月に対象者の方に「2022年3月まで」使用することができるクーポン券を発行しています。
  • クーポン発券申し込み
  •  再交付申請を希望される方士幌町に転入された(される)対象者の方対象となる転入者の方で、クーポン券の発送を希望される方はクーポン券の発行申請をお願いします。町から転出された方については、町が発行したクーポン券を使用することはできません。転出先の市町村が発行するクーポン券が必要になりますので、転出の市町村にご確認ください。

予防接種による健康被害救済制度について

  • 予防接種後に高熱やけいれん等の症状があった場合や、給付申請の必要が生じた場合は、すみやかに医師の診察を受け、下記問い合わせ先までお知らせください。
  • 定期予防接種によって引き起こされた副反応により、生活に支障が出るような障がいを残すなどの健康被害が生じたと国に認められた場合には、予防接種法に基づく給付を受けることができます。健康被害の程度等に応じて、医療費、医療手当、障がい年金、死亡一時金、葬祭料の区分があり、法律で定められた金額が支給されます。

 

令和2年度風疹抗体検査受診票

麻しん.風しん混合ワクチン説明書

令和2年度麻しん風しん予防接種予診票

  • 士幌町役場保健福祉課
  •  担当健康介護グループ 健康推進担当 電話01564-5-2108

令和2年度 母子保健事業・予防接種年間日程表を更新しました

令和2年度 母子保健事業・予防接種年間日程表を更新しました。是非、ご活用ください。

なお、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、4月実施予定の教室等の自粛につきましては、対象者に個別にご連絡させていただいております。

※4歳未満のお子さんがいらっしゃるご家庭には個別配布しております。その他、配布を希望される方はご相談ください。

https://www.shihoro.jp/life-4/c8d52608/1476-2/

会計年度任用職員(保健師)の募集について

町では、次により会計年度任用職員を募集します。

●職種 保健師

●募集人員 1名

●勤務場所 総合福祉センター

●身分   会計年度任用職員(パートタイム)

●勤務内容 保健師業務

●勤務時間 8時45分~17時15分(週5日以内)

●雇用期間 令和2年5月1日から令和3年3月31日

●報酬   月額 222,096円 ※職歴により経験加算あり

●応募資格 保健師免許を有する方

●応募方法 顔写真を貼った履歴書に免許証の写しを添えて4月10日(金)までに応募先へ持参または

郵送(必着)してください。

●応募先  士幌町役場総務企画課総務グループ職員厚生担当(〒080-1200 河東郡士幌町

字士幌225番地)

※詳細は担当にお問い合わせください。

※待遇は町の基準によって決定します。

※面接試験の日程は、応募締切後に応募者本人に通知します。

担当 保健福祉課健康介護グループ(総合福祉センター内☎⑤2108)

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため乳幼児健診を自粛(中止)します

新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、集団による乳幼児健診を当面の間、中止(延期)させていただきます。対象となるお子様がいらっしゃるご家庭には、個別にご連絡をさせていただきます。

4月以降の開催につきましては、今後の状況を踏まえ、個別通知・ホームページ等でお知らせいたします。

新型コロナウイルス感染症についてのお知らせ(2月19日)

新型コロナウイルス感染症とは

中華人民共和国湖北省武漢市において、昨年12月以降、新型コロナウイルス感染症の発生が複数報告され、世界各地で患者発生報告が続いています。世界保健機関(WHO)が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当するという発表を踏まえ、厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症を感染症法に基づく「指定感染症」、また、検疫法に基づく「検疫感染症」に指定しました。

ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。

新型コロナウイルスを防ぐには(帯広HC2.19)

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控えください。

発熱等の風邪症状が見られたら、毎日体温や体調の記録をしてください。

(厚生労働省)新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安<外部リンク>

 

感染症予防対策について

新型コロナウイルス感染症の現状からは、人から人への感染は認められるものの、人から人への感染の程度は明らかではありません。風邪やインフルエンザが流行する時期であることを踏まえて、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って口や鼻をおさえる咳エチケットや石けんを使った手洗い等、通常の感染症対策を行うことが重要です。潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)とされており、また、他のコロナウイルスの状況などから、感染者は14日間の健康状態の観察が推奨されています。

武漢市から帰国・入国される人で、咳や発熱などの症状がある場合には、マスクを着用し、外出は控えてください。速やかに事前に医療機関への連絡をした上で受診するか、帯広保健所(0155-27-8634)に相談してください。なお、連絡の際は、武漢市に滞在歴があることを申告してください。

マスクについてのお願い(厚生労働省ホームページより)(171KB)

一般的な感染症対策について(厚生労働省ホームページより)(225KB)

 

新型コロナウイルスに関連した肺炎への対応についてお知らせ(2月7日)

新型コロナウィルスに関する在留外国人の住民の方への情報提供がありましたのでお知らせいたします。
なお,今回提供する情報は厚生労働省の発表情報に基づいて変更することがあり得ますので,法務省の外国人生活支援ポータルサイトのカテゴリー「医療」の内容等を随時御確認ください。

別添1-1 厚生労働省ホームページ言語別閲覧方法(日本語)

別添1-2 厚生労働省ホームページ言語別閲覧方法(English)

別添1-3 厚生労働省ホームページ言語別閲覧方法(中文・簡体字)

別添1-4 厚生労働省ホームページ言語別閲覧方法(中文・繁体字)

別添1-5 厚生労働省ホームページ言語別閲覧方法(한국어)

別添2 新型コロナウィルス関連情報

別添3-1 みなさんへ 新型コロナウイルスやさしい日本語

別添3-2  Q&A 新型コロナウイルスやさしい日本語

道庁のHPでも外国人向けに、やさしい日本語と英語で情報発信を行っておりますのでお知らせいたします。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tsk/promo/coronavirus.htm

担当

保健福祉課 健康介護グループ 電話5-2108

 

新型コロナウイルスに関連した肺炎への対応についてお知らせ(2月3日)

新型コロナウイルスに関連した肺炎への対応について

町民の皆様におかれましては過剰に心配することなく、季節性インフルエンザと同様に咳エチケットや手洗いなどの感染症対策に努めていただきますようお願いします。
武漢市から帰国・入国される方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、事前に医療機関に連絡したうえで、受診していただきますようご協力をお願いします。
また、医療機関の受診にあたっては、滞在歴があることを事前に申し出てください。

〇 他人への感染を防ぐため、咳エチケットを行いましょう。

〇 正しい手の洗い方

道より新型コロナウイルスに関連した肺炎について、ホームページがリニューアルされております。

また、道では夜間や休日の相談に対応するため専用の相談電話を設置し、厚生労働省や道内各保健所の相談窓口とともに当該ホームページに掲載されておりますのでお知らせいたします。

★★道民のみなさまへ★★ 20200130

(外部サイト)新型コロナウイルスに関連した肺炎について(北海道公式ホームページにリンク)

(外部サイト)中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生について(厚生労働省ホームページにリンク)

(参考)コロナウイルスとは

人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。

(外部サイト)コロナウイルスとは(国立感染症研究所ホームページにリンク)