2022年11月07日新型コロナウイルス感染症関連情報

HPVワクチンの定期接種について

HPVワクチンの定期接種について

HPVワクチンの予防接種は、平成25年4月1日から定期予防接種として実施しているところですが、厚生労働省から同年6月14日付で、「副反応の発生頻度等がより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間、積極的な接種の勧奨をすべきではない」との通知があり、本町においても積極的な接種勧奨を差し控えておりました。
このたび、最新の知見を踏まえ、改めてHPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められました。また、安全性評価を引き続き行っていくことや、接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関の体制強化等を行うという、今後の対応の方向性も踏まえ、積極的な接種勧奨を差し控えるという当該状態を終了させることが妥当とされたところです。
以上を踏まえ、令和3年11月26日付け厚生労働省通知により、前述の平成25年通知が廃止され、令和4年4月より個別勧奨を再開することとなりました。
また、積極的勧奨の差し支えにより、接種機会を逃した方に対して、公平な接種機会を確保するという観点から、令和4年4月~令和7年3月の3年間は定期接種の対象年齢を超えて接種を行えることになりましたので、併せてお知らせいたします(以下「キャッチアップ接種」という)。
なお、キャッチアップ接種対象の方で、定期接種の対象年齢を過ぎて、HPVワクチンを令和4年3月31日までに自費で受けた方への償還払いの準備を進めておりますので、対象の方には個別に別途ご案内いたします。

◎定期接種対象者

小学6年生から高校1年生に相当する女子(令和4年度は平成18年4月2日~平成23年4月1日生まれの女子)
※本町では標準的接種期間となる中学1年生~高校1年生に相当する女子に通知します。

◎キャッチアップ接種

平成9年度生まれ~平成17年度生まれまでの女性
※令和4年4月~令和7年3月までの3年間は定期接種として接種可能です。
※平成18年度生まれ以降の方についても、令和7年3月までは定期接種対象期間を過ぎても定期接種として接種が可能です。
※キャッチアップ接種対象の方へ、償還払いのお知らせも併せ、個別に別途ご案内いたします。(令和4年4月末頃)